悔いなき脱盟

森村 誠一【著】

京・山科に隠れ住んでいっこうに動こうとしない大石内蔵助に、「大夫、頼むにたらず」あくまで復讐の一念に燃える堀部安兵衛ら江戸の急進派はいらだった。主家が断絶し、サラリーがなくなった武士の生活は悲惨である。当時の武士は「二君にまみえず」の思想にしばられていた。しかも、人余りの時代で再任官はむずかしい。その上、現代とちがい失業保険も人材銀行もない。安兵衛ならずとも仇討ちの盟約に加わった者たちが一様に決行を焦ったのは、生活苦との闘いもあったからだ。内蔵助が遊蕩三昧にふける間に次々に脱盟者が出た…。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 悔いなき脱盟
著作者等 森村 誠一
書名ヨミ クイナキダツメイ
シリーズ名 忠臣蔵 中
出版元 朝日新聞社
刊行年月 1988.6.25
ページ数 300p
大きさ 18cm
ISBN 4022558768
NCID BA87271033
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想