水俣映画遍歴 : 記録なければ事実なし

土本 典昭【著】

患者さんは光っている、映画はそれに感光したにすぎない-。余りの惨苦にたじろぎ、カメラをしばしばとめざるを得なかった著者が、事実に即して率直に語る水俣私史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 記録なければ事実なし=水俣は、いま
  • 『水俣の子は生きている』
  • 空白の5年間
  • 『水俣-患者さんとその世界』
  • 上映・ストックホルム
  • 『医学としての水俣病』『不知火海』
  • 『HANDS JOIN ACROSS POLLUTED WATERS』
  • 巡海映画
  • 記録映画作家の原罪
  • 『わが街・わが青春』『水俣の図・物語』
  • ふたたび水俣へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 水俣映画遍歴 : 記録なければ事実なし
著作者等 土本 典昭
書名ヨミ ミナマタエイガヘンレキ : キロクナケレバジジツナシ
シリーズ名 水俣・語りつぎ 2
出版元 新曜社
刊行年月 1988.5.15
ページ数 365p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想