諸葛孔明 : 「三国志」とその時代

宮川 尚志【著】

忠誠無二の名将として、神算類なき軍師として、我々日本人に最も親しまれている中国史上の人物諸葛亮字孔明。所謂三国時代、劉備の三顧の礼に出廬してより、赤壁の戦いその他数度の北伐を敢行し、遂に中原回復を冀望して五丈原に兵を進めたが、不幸病に倒れ雄図空しく世を去った。悲運の軍師・孔明の全生涯とその時代を、多くの史実をもとに描き上げた孔明全伝の決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 前半生(その時代
  • その生立
  • 劉表と劉備
  • 三顧の知遇
  • 荊州潰ゆ)
  • 壮年時代(赤壁の決戦
  • 孫劉の対立
  • 蜀を望む
  • 成都に拠る
  • 荊州と漢中
  • 関羽の最期
  • 蜀漢の興起)
  • 晩年(遺詔を受く
  • 濾水を渡る
  • 出師の表
  • 街亭と陳倉
  • 北伐やまず
  • 五丈原
  • 孔明歿後の蜀漢
  • その遺文
  • 兵要と軍令
  • 後世の評論)
  • 諸葛孔明年表

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 諸葛孔明 : 「三国志」とその時代
著作者等 宮川 尚志
書名ヨミ シヨカツコウメイ : サンゴクシトソノジダイ
シリーズ名 光風社選書
出版元 光風社出版
刊行年月 1988.7.10
版表示 〔新装版〕
ページ数 255p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 487519014X
NCID BN03029944
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想