枕冊子  下

清少納言【著】;田中 重太郎【訳注】

一条帝の中宮定子に仕えた清少納言は、平安朝の貴族文化が極盛に達した宮廷を舞台に、その才智をひらめかして、縦横無尽に活躍した。鋭い芸術的感覚が至る所にきらめき、簡潔な文体でつづられている『枕冊子』は、そのような彼女の姿を躍如として伝えてくる、我が国随筆文学の最高峰をゆく作品である。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 枕冊子
著作者等 田中 重太郎
清少納言
書名ヨミ マクラノソウシ : ゲ
シリーズ名 対訳古典シリーズ
巻冊次
出版元 旺文社
刊行年月 1988.5.2
ページ数 495p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4010672099
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想