糖尿病学  1988

小坂 樹徳;赤沼 安夫【編】

[目次]

  • 糖尿病死-その新しいとらえ方
  • 異常インスリン血症
  • 肝におけるインスリンの取り込みとその調節
  • インスリン受容体の構造解析
  • IDDMの発症とHLA‐DR抗原の発現
  • BBラットにおける最近の知見
  • NODマウスの免疫異常と発症防止
  • 1,5‐アンヒドロ‐D‐グルシトールとその代謝
  • Diabetic Ketoacidosisにおける代謝特性
  • 糖尿病性網膜症
  • 腎糸球体とポリオール代謝
  • 糖尿病性神経障害の成因について
  • 食事と血中脂質
  • 糖尿病治療におけるApple Fiberの効果
  • 血管壁ムコ多糖とくにヘパラン硫酸による糖尿病性血管障害について
  • 糖尿病におけるレニン・アンジオテンシン・アルドステロン系の異常
  • "Diabetes Education‐From Grass Roots to Ivory Towers"
  • 注目される糖尿病学の進歩

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 糖尿病学
著作者等 小坂 樹徳
岡 芳知
菊池 方利
葛谷 健
谷澤 幸生
赤沼 安夫
金沢 康徳
門脇 孝
書名ヨミ トウニヨウビヨウガク : 1988
巻冊次 1988
出版元 診断と治療社
刊行年月 1988.5.20
ページ数 397p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4787801414
NCID BN01181595
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想