発つ時はいま

高良 留美子【著】

皇居の焼け跡整理からはじまった戦後の青春。大人たちへの不信と"生きる"ことへの意欲。空襲、疎開、占領、性の目覚めと危機。H氏賞、現代詩人賞詩人初の書き下し自伝的連作小説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 発つ時はいま
  • 家の奥・奥の顔
  • 手の中の灰
  • 陽炎の道
  • 赤いオーバー
  • 火柱
  • 花もなく葉もなく

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 発つ時はいま
著作者等 高良 留美子
書名ヨミ タツトキハイマ
出版元 彩流社
刊行年月 1988.6.15
ページ数 215p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想