時の迷路;海は問いかける

高良 留美子【著】

戦後の学園活動から、激動する時代の迷路に足を踏み入れた若い男女の愛と苦悩の年月。女性の燭光を求める姿を描きつくした「時の迷路」。若い胸にランボオ詩集一巻をいだいてヨーロッパへ旅立つ女性の希求とその道程を、東西相克のドラマを通じて描きだした「海は問いかける」。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 時の迷路;海は問いかける
著作者等 高良 留美子
書名ヨミ トキノメイロ@ウミハトイカケル
出版元 オリジン出版センター
刊行年月 1988.6.1
ページ数 222p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想