現代学のデフォルマシオン

カーニー リチャード<Kearney Richard>【編】;毬藻 充;松葉 祥一;庭田 茂吉【訳】

現象学という共通の遺産から出発した5人の哲学者が、それぞれの独自なパースペクティヴによって、現代思想の問題領域に新たな地平を切り拓く-その創造的変形作用(デフォルマシオン)の過程を、自らの口から縦横に語って、読者を新たな世界へ誘う対論集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ポール・リクールとの対話(言語の創造性
  • 可能的世界の運搬者としての神話)
  • 2 エマニュエル・レヴィナスとの対話(無限なものの倫理学)
  • 3 ヘルベルト・マルクーゼとの対話(芸術と政治の哲学)
  • 4 スタニスラス・ブルトンとの対話(存在、神、および関係の詩学)
  • 5 ジャック・デリダとの対話(脱構築と他者)
  • 補論 リチャード・カーニー(対話の現象学をめぐるノート)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代学のデフォルマシオン
著作者等 カーニー リチャード
庭田 茂吉
松葉 祥一
毬藻 充
書名ヨミ ゲンダイガクノデフオルマシオン
シリーズ名 PQブックス
出版元 現代企画室
刊行年月 1988.5.30
ページ数 244p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想