四十八人目の男  下

大仏 次郎【著】

江戸への道中、病に倒れた小山田庄左衛門を救ったのは豆腐屋の半次と、おえん、おせいの美人姉妹だった。病癒えた庄左衛門は、やがておえんと恋仲に。血気もいつしか衰え、仇討は武士の作法にすぎないのではないかとの思いに悩まされ始めていた。その頃、内蔵助は内匠頭の弟によるお家再興を願い出たが容られず、逐に討入りを決意。時に、元禄15年12月14日。そして庄左衛門は…。長篇歴史小説。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 四十八人目の男
著作者等 大仏 次郎
書名ヨミ シジユウハチニンメノオトコ : ゲ
シリーズ名 徳間文庫
巻冊次
出版元 徳間書店
刊行年月 1988.6.15
ページ数 253p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4195985455
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想