梁塵秘抄口伝集巻十

宮内庁書陵部【編】

本書は、康暦元年(1379)の写本一冊(伏-1503)で、「梁塵秘抄口伝集巻十」現存諸本の祖本である。伏見宮旧蔵本であり、昭和33年10月伏見宮家より購入された。本文は、初代栄仁親王の御写と推定される。縦23・2糎、横15.6糎、現装は、表紙・裏表紙を当部で後補し、題簽を付した紙綴本であるが、もとはこの両紙を取った形の、仮り綴じの本である。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 梁塵秘抄口伝集巻十
著作者等 宮内庁書陵部
後白河天皇
書名ヨミ リヨウジンヒシヨウクデンシユウマキジユウ
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1988.3.30
ページ数 1冊
大きさ 23cm
ISBN 4642022120
NCID BN02239533
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想