東京-盛岡双影殺人

山村 正夫【著】

東京のS医科大学の女医、雨宮依子は秋の挙式を控え、高校時代の親友で盛岡在住の浅沼悦子を訪ね一夜を語りあかした。ところが翌々朝、市内の八幡神社の境内で死体となって発見され、ポケットからホテル「セントラル盛開」の用箋に午前零時云々と書いたメモがみつかった。あらゆる状況から容疑者として東京に本部のある「双生教」の教祖・綿貫奇仙坊が浮かんだが、彼はその日渋谷中央署に強姦罪で訴えられているというアリバイがあった。刑事が同行を求めるため訪ねたところ彼は不在で、愛人の北島佳代の惨殺死体がみつかった。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東京-盛岡双影殺人
著作者等 山村 正夫
書名ヨミ トウキヨウ-モリオカソウエイサツジン
シリーズ名 トクマ・ノベルズ
出版元 徳間書店
刊行年月 1988.5.31
ページ数 222p
大きさ 18cm
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想