女戦士 殉教の報酬

夏 文彦【著】

発端は深沢詩季のもとへ届けられた1通の手紙だった。三月前に死亡した妹・美波が死の直前に書いたものだ。日本真理教団に入信していた美波は、教主後継者・倉石行次らと集団焼身自殺を遂げていた。教祖の後を追った殉教と思われていたのだが、手紙は美波が直前に助けを求めていたことを示していた。教団内部に巣喰う腐敗した利権派は、政治家、暴力団と結託し、私腹を肥やしており、美波はその犠牲になった疑いが強い。事件を調べ始めた詩季を襲う凌辱と暴行の嵐。彼女を助け、事実を知った女戦士の怒りが炸裂する。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 女戦士 殉教の報酬
著作者等 夏 文彦
書名ヨミ オンナセンシジユンキヨウノホウシユウ
シリーズ名 トクマ・ノベルズ
出版元 徳間書店
刊行年月 1988.5.31
ページ数 247p
大きさ 18cm
ISBN 4191536648
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想