妖魔の館・筑紫 : 古事記変幻

醍醐 麻沙夫【著】

新月の妖しい光の下、魔性の巫子・嫦娥は短剣を片手に舞いを舞っていた。やがて銀色の刃物は、若い娘の胸に深々と突き立てられた。処女の新鮮な生血を浴び、ゾッとするような笑みを見せる嫦娥…。不可思議な力をもつ嫦娥と、比類ない強さの黒騎士を中心に、月族は、いままさに九州の地を平らげようとしていた。立ちはだかるのは、大和の日見子。霊力をもつ巫女同士の全面対決は、目前に迫っていた。日見子の軍に、タケトは在った。愛する娘を惨殺した嫦娥に、復讐を誓っていた。裂帛の気合とともに、豪剣・多雲が唸る。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 妖魔の館・筑紫 : 古事記変幻
著作者等 醍醐 麻沙夫
書名ヨミ ヨウマノヤカタ.チクシ : コジキヘンゲン
シリーズ名 トクマ・ノベルズ
出版元 徳間書店
刊行年月 1988.5.31
ページ数 220p
大きさ 18cm
ISBN 419153663X
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想