もともと日本は国際国家であった : 真説・日本人史

安東 到【著】

緊急に国際化を迫られているわれわれは、歴史の叡智=日本人の商業民的伝統を見直せ。変わらない日本こそ世界に貢献。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 虚構なき唯一の民族=日本人の謎
  • 第2章 現代に生きつづける海商連合国家日本の伝統
  • 第3章 日本列島は古代海商連合に開拓された
  • 第4章 日本人のルーツ・東アジア商業シンジケートの結成
  • 第5章 古代日中貿易摩擦と隋・唐帝国の対日政策
  • 第6章 唐極東軍に占領された日本列島

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 もともと日本は国際国家であった : 真説・日本人史
著作者等 安東 到
書名ヨミ モトモトニホンハコクサイコツカデアツタ : シンセツ.ニホンジンシ
出版元 徳間書店
刊行年月 1988.5.31
ページ数 261p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 419553674X
NCID BN04532470
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想