同時代の建築 : 8人の建築家たち

宇波 彰【著】

現代日本の建築を代表する8人のアーキテクトたちの作品を、マイナーコードの重層する空間デザインとして捉え、グレードコードを失った現代にとって、建築における共時性とは何かを問う、全く新しい建築批評の地平。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 絶対の外側-高松伸「ARK」
  • 2 自然とのにせの回路-安藤忠雄「住吉の長屋」
  • 3 孤独な神殿-磯崎新「つくばセンタービル」
  • 4 自然性への期待-アレグザンダー「東野高校」
  • 5 コートダジュール戦略のなかで-石山修武「伊豆の長八美術館」
  • 6 ノイズは可能か-黒川紀章「国立文楽劇場」
  • 7 内部への接近-長谷川逸子「眉山ホール」
  • 8 絶対の内側-槙文彦「藤沢市秋葉台文化体育館」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 同時代の建築 : 8人の建築家たち
著作者等 宇波 彰
書名ヨミ ドウジダイノケンチク : ハチニンノケンチクカタチ
出版元 青土社
刊行年月 1988.6.10
ページ数 237p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想