信濃戦雲録  第2巻

井沢 元彦【著】

甲斐の若き猛虎・武田晴信(信玄)の運命は、隻眼の男・山本勘助を知行百貫で召し寄せた時から開かれていった-。諏訪頼重を討ち、宿願だった諏訪を押さえ、父信虎ですら果たし得なかった信濃経略への大きな一歩を踏みだした晴信。これはすべて、軍法にたけた城取りの名人・勘助の武略によるものだった。信濃の一角に武田領を作った晴信は勘助が描く「絵」によって、天下取りの目標を定めていく。「武田幕府を開く!」という野望を秘めた晴信と勘助の戦略をうたいあげる時代大長編。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 信濃戦雲録
著作者等 井沢 元彦
書名ヨミ シナノセンウンロク : 2
巻冊次 第2巻
出版元 集英社
刊行年月 1988.5.25
ページ数 284p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4087726525
NCID BA35323473
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想