敗北への道

北山 節郎【著】

1935年に発足し、45年の敗戦まで続いた帝国日本の対外放送の全貌は、戦後の混乱のなかで史料が散逸し、あるいは焼却されて、永遠に埋もれた謎となるはずであった。国際放送の現場に身を置く著者が、10年余の歳月をかけて史料を発掘し、ついに完成させた現代史ドキュメント。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 決勝の年
  • 第2章 戦局重大
  • 第3章 継戦
  • 第4章 「天王山」
  • 第5章 戦線崩壊
  • 第6章 敗戦・その1
  • 第7章 敗戦・その2
  • 付録・対外放送関連史料

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 敗北への道
著作者等 北山 節郎
書名ヨミ ハイボクヘノミチ
シリーズ名 戦時体制下日本の対外放送 3
全記録 ラジオ・トウキョウ 3
出版元 田畑書店
刊行年月 1988.5.15
ページ数 428,58p
大きさ 21cm(A5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想