国際化時代の日本社会 : 日本の文化と企業と経済を考える

横浜商科大学公開講座委員会【編】

[目次]

  • 国際化時代における日本文化の役割(朝倉哲夫)
  • 日本の教育風土を考える(大竹誠)
  • 日本から見たアメリカのことばとこころ(小川晃)
  • 異文化間コミュニケーション(中島純一)
  • 国際化における日本企業の長所と短所(石原善太郎)
  • 日本企業におけるマーケティング戦略の国際化(望月光男)
  • コンピュータ情報システムの日韓比較について(島田達巳)
  • 日本の国際化と横浜のホテル(原勉)
  • 金融の国際化と今後の課題(斎藤正)
  • 企業の国際化と人事・労務(平野文彦)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国際化時代の日本社会 : 日本の文化と企業と経済を考える
著作者等 横浜商科大学公開講座委員会
書名ヨミ コクサイカジダイノニホンシヤカイ : ニホンノブンカトキギヨウトケイザイオカンガエル
シリーズ名 横浜商科大学公開講座 4
出版元 南窓社
刊行年月 1988.3.31
ページ数 191p
大きさ 19cm(B6)
NCID BN02229438
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想