昆虫博物館

石井 象二郎【著】

昆虫は我々人間にとって最も身近な生物であるが、空を飛び土中、水中に住む昆虫たちは我々に様々な不思議の世界を見せてくれる。現在、日本の山野の自然破壊、環境汚染が進む中で、昆虫たちはどのように生きどんな役割を果たしているのか。本書は昆虫全般を面白く且つ科学的に解明した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 生物としての昆虫
  • 2 昆虫の行動
  • 3 昆虫の食べ物
  • 4 昆虫の言葉と感覚
  • 5 昆虫の移動
  • 6 役に立つ昆虫
  • 7 身近な昆虫
  • 8 季節の昆虫
  • 9 害虫の防除
  • 10 昆虫の研究
  • 資料(昆虫の分類と種類
  • 昆虫学関係の学・協会
  • 昆虫関係の市販月刊誌
  • 昆虫が展示されている博物館など
  • 昆虫関係の図書が閲覧できるところ
  • 昆虫採集・標本製作などの用具の販売店)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 昆虫博物館
著作者等 石井 象二郎
書名ヨミ コンチユウハクブツカン
出版元 修学館
明現社
刊行年月 1988.4.20
ページ数 218,10p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4838804407
NCID BN03081809
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想