「連合」路線の真相 : 労働者の権利闘争の現場から

自由法曹団労働部会【編】

1987年11月20日に産声をあげ、マスコミからスポットライトをあび、財界や政府・自民党から熱いラブコールをおくられる全民労連=「連合」とはいったいなんでしょうか?そして、全国各地で発生している労働者の権利闘争と「連合」路線とが、どんなかかわりあいをもっているのかを具体的な事件をつうじて明らかにしようと試みたのが、この本です。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 「連合」-その実態と役割
  • 1 首切り「合理化」の嵐と「連合」路線(東北造船の7人のサムライのたたかい
  • 沖電気争議と沖電気労組、電機労連の役割
  • 池貝鉄工指名解雇事件
  • 日産厚木除名・解雇とのたたかい
  • 石播重工労組の裏切り
  • 奇怪な山武ハウエル式役員選挙
  • 中部電力の人権侵害・賃金差別撤廃の裁判
  • 関西電力の人権侵害事件
  • ユニチカ労働者のたたかい
  • 名村造船労組の反労働者的役割)
  • 2 ニセ「行革」・産業空洞化と「連合」路線(国鉄解体に手を貸したのは誰か-分割・民営化反対のたたかい
  • 北海道沈没!〜そのとき「連合」は?)
  • 3 労働法制全面改悪・労働委員会の変質と「連合」路線(労働法制改悪の推進者「連合」
  • 労働委員会"空洞化"をねらう「連合」
  • 神奈川「連合」による地労委変質作戦)
  • 「連合」の役割とその未来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「連合」路線の真相 : 労働者の権利闘争の現場から
著作者等 自由法曹団労働部会
書名ヨミ レンゴウロセンノシンソウ : ロウドウシヤノケンリトウソウノゲンバカラ
出版元 学習の友社
刊行年月 1988.5.15
ページ数 205p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想