4.24阪神教育闘争を中心に

金 慶海【編】《キム キョンヘ》

1948年4月、神戸に非常事態宣言が発令され、神戸地区は占領軍の直接統治下におかれた。在日朝鮮人の民族教育を守る闘いは、占領軍と正面から激突したのである。当時の教育闘争の実態に、朝連・GHQ・兵庫県などの内部文書を通じて多角的に迫る資料集。4.24阪神教育闘争四十周年記念出版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1部 朝鮮人の団体・個人による資料(在日本朝鮮人連盟(略称・朝連)をはじめとする団体資料
  • 個人による論文・著作・体験談)
  • 2部 日本の各機関・団体・個人による資料(文部省関係資料
  • 第2回国会会議録
  • 兵庫県・神戸市・大阪府・大阪市資料
  • 団体資料
  • 個人による論文・著作)
  • 3部 GHQ文書(英文資料<訳文>
  • 日本文資料<原文>)
  • 4部 新聞の報道記事(「解放新聞」
  • 「神戸新聞」
  • 「アカハタ」)
  • 5部 文献紹介(朝鮮人の団体、個人による資料・著作
  • 日本の各機関、団体、個人による資料・著作)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 4.24阪神教育闘争を中心に
著作者等 金 慶海
書名ヨミ 4.24ハンシンキヨウイクトウソウオチユウシンニ
シリーズ名 在日朝鮮人民族教育擁護闘争資料集 1
出版元 明石書店
刊行年月 1988.4.20
ページ数 943p
大きさ 26cm(B5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想