哀婉一代女  下

海音寺 潮五郎【著】

「や!そなたか!」「はい、お百でございます」お百はにこりと笑ってこたえた。那河の両腕がさっとのびて、お百の肩をつかんだ。…お百の唇は那河の唇にふさがれていた。江戸中期、京の遊女-鴻池善石衛門の妾-江戸役者の妻-新吉原揚屋・尾張屋の妻-那河忠左衛門の妾と流転の人生を送ったお百の姿を感動的に描いた名作完結!硬派の歴史小説家として名声を得ている著者がとらえた理想の女性像。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 哀婉一代女
著作者等 海音寺 潮五郎
書名ヨミ アイエンイチダイオンナ : ゲ
シリーズ名 時代小説文庫
巻冊次
出版元 富士見書房
刊行年月 1988.4.30
ページ数 352p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4829111410
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想