不知火隼人武辺帖  下

五味 康祐【著】

剣術試合に名を借りて、次々と剣客を抹殺する隼人。さる大名の二男坊で、わけあって浪人をしている、とは相棒の古川桂庵も承知しているが、その真意は知らない。今では武術家同士を闘わせるよりも、隼人みずから剣をとることが多くなり、ついに樋口又右衛門との決戦を前に、死を覚悟した隼人は桂庵に胸底を見せた…。田沼意次・意知父子と老中・松平輝高の陰謀が錯綜する長篇時代小説完結篇。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 不知火隼人武辺帖
著作者等 五味 康祐
書名ヨミ シラヌイハヤトブヘンチヨウ : ゲ
シリーズ名 徳間文庫
巻冊次
出版元 徳間書店
刊行年月 1988.5.15
ページ数 414p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4195985226
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想