新しい利子課税制度と新マル優・マル財の実務 : 法令・通達にもとづく最新解説

本書は、利子課税制度の大改正の全体像を体系的に解説するとともに、全銀協から発出された通達に基づいて細かい事務手続きについてもていねいに説明がされています。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 新しい利子課税制度(昭和63年度の利子税制の改革
  • 利子所得の範囲と課税の原則
  • 個人利子所得等源泉分離課税
  • 法人の利子課税等
  • 公社債の利子課税
  • 源泉徴収税額の納付手続
  • 源泉徴収不適用の対象機関等)
  • 新マル優制度(老人等の少額貯蓄非課税
  • 老人等の少額公債非課税制度
  • 非課税関係書類の整理保存)
  • 勤労者財産形成貯蓄制度(基本的事項と一般財形貯蓄
  • 財産形成非課税住宅貯蓄
  • 財産形成非課税年金貯蓄
  • 財形住宅貯蓄の非課税関係書類の整理保存)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新しい利子課税制度と新マル優・マル財の実務 : 法令・通達にもとづく最新解説
書名ヨミ アタラシイリシカゼイセイドトシンマルユウ.マルザイノジツム : ホウレイ.ツウタツニモトズクサイシンカイセツ
出版元 キンザイ
金融財政事情研究会
刊行年月 1988.4.20
ページ数 173p
大きさ 21cm(A5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想