都市のフォークロア

井上 忠司【編】

本書は、国立民族学博物館の特別研究「現代日本文化における伝統と変容」の年間計画として、昭和60(1985)年度に実施したシンポジウムの成果をまとめたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 問題提起-都市習俗のフォークロア
  • 1 都市生活のリズム(伝統的子供文化の再生=誕生日
  • 都市生活における危機と厄年の習俗
  • 演出された季節感-夏の女
  • 生活のなかの宗教
  • 祭の変容構造-祇園祭鯉山を例として
  • 祭とマチ文化)
  • 2 都市生活のドラマ(着る飾るをめぐる20歳の虚像
  • 町の社交場としての銭湯
  • 都市の盛り場-浅草から渋谷まで
  • 「まじめな」盛り場の成立-ターミナル文化の歴史的位置)
  • 3 都市生活のデザイン(悪所の構造と本質-大阪の余暇空間を中心として
  • ホテルの文化史
  • 都市と独り者
  • 穢なき生活-除去・分離装置系としての都市)
  • 4 総括討論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 都市のフォークロア
著作者等 井上 忠司
書名ヨミ トシノフオ-クロア
シリーズ名 現代日本文化における伝統と変容 4
出版元 ドメス出版
刊行年月 1988.4.15
ページ数 321p
大きさ 21cm(A5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想