ソ連という国

外務省外務大臣官房国内広報課【監修】

21世紀を目指し、ゴルバチョフはその内外政策に対し"ノーボエ・ムイシレーニエ(新しい考え)"の導入を宣言、「ペレストロイカ」「民主化」「グラスノスチ」と社会のあらゆる分野にわたって次々と改革に乗り出すとともに、世界に向かって平和攻勢を一段と活発に展開し始めた。"鉄のカーテン"はいま開きつつあるのか、ソ連国民は本当に"長いトンネル"を抜け出るのか、ソ連が投じてくる多彩なボールが何を狙っているのかを見極めるための最も権威ある解説書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ソ連という国(ソ連の歩み
  • 政治のしくみ
  • 経済のしくみ
  • 外交の歩み
  • 国防
  • 社会・文化)
  • 第2部 ソ連と日本(日ソ関係の沿革
  • 戦後の日ソ関係)
  • 付 日ソ関係史年表

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ソ連という国
著作者等 外務省外務大臣官房国内広報課
書名ヨミ ソレントイウクニ
出版元 世界の動き社
刊行年月 1988.4
版表示 改訂新版
ページ数 282p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想