海と山のくらしにいきる伝統産業  中国地方

光本 吉伯【ほか著】

このシリーズは、全国の伝統産業の歴史と現状をさぐり、ふるさとの伝統産業を、身近なものとして見なおすことができるように編集した。小学校高学年から。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 仁多のそろばん-島根県仁多町
  • 青谷の和紙-鳥取県青谷町
  • 児島の学生服-岡山県倉敷市児島
  • 備前の備前焼-岡山県備前市
  • 吉井の筆軸-岡山県吉井町
  • 早島の花ござ-岡山県早島町
  • 勝山の硯-岡山県勝山町
  • 熊野の筆-広島県熊野町
  • 矢野のかもじ・かつら-広島県広島市矢野
  • 福山の琴-広島県福山市

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 海と山のくらしにいきる伝統産業
著作者等 光本 吉伯
書名ヨミ ウミトヤマノクラシニイキルデントウサンギヨウ : チユウゴクチホウ
シリーズ名 ふるさとの伝統産業 10
巻冊次 中国地方
出版元 太平出版社
刊行年月 1988.4.20
ページ数 113p
大きさ 21cm(A5)
NCID BN02389977
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想