いのち

坂上 正道;岸本 和世【著】

[目次]

  • 解明がすすむ「いのち」の仕組み
  • 何が人間の形質を支配するのか
  • 規制される遺伝子組換え実験
  • 「いのち」に高まる一般的な関心
  • 「いのち」はいつ始まるのか
  • 「いのち」の尊重とは何か
  • 医療技術はどこまで介入できるか
  • 各所で設置がすすむ倫理委員会
  • 望まれる医療と教会との接点
  • 人間の「いのち」と生物との違い
  • 医療の実践と宗教的判断との関わり合い
  • 先端医学と人間的な生き方
  • 医学的な可能性と「いのち」の終わり
  • 性と生殖の分離が可能となった意味

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 いのち
著作者等 坂上 正道
岸本 和世
書名ヨミ イノチ
シリーズ名 生命科学とキリスト教 2
出版元 日本基督教団出版局
刊行年月 1988.4.5
ページ数 94p
大きさ 21cm(A5)
NCID BN02613028
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想