脳死

椿 忠雄;関 正勝【著】

[目次]

  • 脳死状態とは
  • 植物状態と脳死の違い
  • 脳死研究の制度と脳死の定義
  • 不可逆性について
  • 判定対象の拡大の問題性
  • 臓器移植と脳死
  • 臓器移植の性格
  • 人格の中枢としての脳
  • 「見えない死」
  • 脳死は個体死か
  • 死に対する考え方
  • 医療体制と医者の良心
  • 豊かな生命観のために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳死
著作者等 椿 忠雄
関 正勝
書名ヨミ ノウシ
シリーズ名 生命科学とキリスト教 1
出版元 日本基督教団出版局
刊行年月 1988.4.5
ページ数 101p
大きさ 21cm(A5)
NCID BN02571675
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想