物質生産の素材としての動物細胞 : 第11会ABCシンポジウム

日本農芸化学会【編】

[目次]

  • 形質導入ベクターを用いた細胞増殖制御の解析(小田鈎一郎)
  • 動物細胞への遺伝子導入-遺伝子クローニングをめざして(鮎沢大)
  • 糖タンパク質のアスパラギン結合型糖鎖生合成とその機能(西川義尚)
  • 動物細胞の高密度培養とその応用(佐藤征二)
  • 赤芽球細胞の分化誘導因子EDF(江藤譲
  • 柴井博四郎)
  • 無血清培養によるヒトモノクローナル抗体の生産(北野一昭)
  • 初代培養細胞の特徴とその利用(野口忠)
  • 動物細胞の細胞周期の制御(木村元喜)
  • 微生物の生産する動物細胞の新しい細胞周期阻害剤(吉田稔
  • 別府輝彦)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 物質生産の素材としての動物細胞 : 第11会ABCシンポジウム
著作者等 日本農芸化学会
書名ヨミ ブツシツセイサンノソザイトシテノドウブツサイボウ : ダイ11カイABCシンポジウム
出版元 秀潤社
刊行年月 1988.4.8
ページ数 100p
大きさ 26cm(B5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想