獣医学  1988

伊沢 久夫;清水 悠紀臣【編】

[目次]

  • 1 家禽と家畜の消化管内分泌細胞の免疫組織化学的研究
  • 2 獣医学領域における心電図の診断的意義
  • 3 実験動物における自然発症疾患モデル
  • 4 熱帯地域における家畜寄生虫病の特徴
  • 5 ブタ膿瘍の病因論
  • 6 トリ白血病ウイルス
  • 7 Yersinia pseudotuberculosis感染症の疫学
  • 8 家畜の性行動と繁殖効率
  • 9 ネコのレトロウイルス感染症-ネコ白血病ウイルスとネコTリンパ球指向性レンチウイルス
  • 10 肉用牛の肝膿瘍-その炎症生化学的動態と診断法を中心として
  • 11 胚操作による実験動物の開発
  • 走査型電子顕微鏡による魚の鰓障害の観察
  • 近未来社会における獣医学-その現状と未来像

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 獣医学
著作者等 伊沢 久夫
清水 悠紀臣
高橋 迪雄
書名ヨミ ジユウイガク : 1988
巻冊次 1988
出版元 近代出版
刊行年月 1988.4.8
ページ数 235p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4874026176
NCID BN0053663X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想