十字路;盲獣

江戸川 乱歩【著】

推理小説界の巨匠・江戸川乱歩が、戦後、昭和30年に書き下ろしで発表した野心的大作「十字路」。伊勢商事社長の伊勢省吾は、日輪教の狂信的信者である妻・友子を嫌い、若い女秘書・沖晴美と恋愛関係にあった。晴美のアパートのへやに押しかけてきた友子を省吾は絞殺した。友子の死体をどこへ運ぶか。晴美とドライブした藤瀬ダムの古井戸が省吾の頭にひらめいた。キャディラックのトランクに死体を隠し、藤瀬へ向かう省吾は、新宿ガード下の十字路で突発事故に会った。そのすきに車内にもう一体の男の死体が出現していた。次々に発生する奇怪な事件のナゾは?新作「十字路」に中編名作「盲獣」も併せた豪華版。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 十字路;盲獣
著作者等 江戸川 乱歩
書名ヨミ ジユウジロ@モウジユウ
シリーズ名 江戸川乱歩文庫
出版元 春陽堂書店
刊行年月 1988.4.10
版表示 〔新装版〕
ページ数 332p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4394301300
NCID BN14544057
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想