日蓮  下

大仏 次郎【著】

念仏、真言、禅各宗を激しく攻撃、法華経のみが国を救うと説く日蓮師弟は、度重なる幕府の弾圧にも抗し、徐々に檀徒を増やしていった。再び流罪となった日蓮は、佐渡の地にも信徒を広げ、かつて北条氏執権へ上奏した内乱・外寇の予言が、次々に現実と化す情勢に苛立ちを深めていた…。元寇という末曾有の危機の時代に生き、旧来仏教諸宗派との妥協なき闘いに生涯を棒げた日蓮を描く歴史長篇快作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日蓮
著作者等 大仏 次郎
書名ヨミ ニチレン : ゲ
シリーズ名 徳間文庫
巻冊次
出版元 徳間書店
刊行年月 1988.4.15
ページ数 382p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4195985013
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想