九十九しゃんの店

須山 ユキエ【著】

九十九しゃんの店に強盗が這入った。噂は生きもののように村中に伝わった。段々畑の山里で生きることを恋い願う女を描く。中央公論女流文学新人賞はじめ、北日本文学賞選奨、鎌倉文庫女流新人賞に輝く作家が、みずみずしく語りかける珠玉の四篇。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 九十九しゃんの店
著作者等 須山 ユキエ
書名ヨミ ツクモシヤンノミセ
出版元 青弓社
刊行年月 1988.4.5
ページ数 182p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
万緑 須山 ユキエ
九十九しゃんの店 須山 ユキエ
乱れ林雪 須山 ユキエ
炎舞 須山 ユキエ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想