吉本隆明全対談集  4(1975)

吉本 隆明【著】

宗教、思想史、文学、精神医学、考古学など、さまざまな領域を重層的に重ね合わせ、眼に見えぬ暗黙の構築に立ち向かう、パロールの弁証法。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 近代的人間とキリスト教-北村透谷の思想と文学をめぐって(笠原芳光)
  • 透谷の思想と文学(笠原芳光)
  • 太宰治とその時代(橋川文三)
  • 家族とは何か(鮎川信夫)
  • 思想の流儀と原則-敗戦のモチーフから現在へ(鶴見俊輔)
  • 古典をどう読んできたか(大岡信)
  • 意識・革命・宇宙(埴谷雄高)
  • 精神分裂病とは何か(森山公夫)
  • 鏡の国と鉾の国(樋口清之)
  • 生死・浄土・終末(小川国夫)
  • 新約思想をどうとらえるか(八木誠一)
  • 批評・言葉・世界(秋山駿)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 吉本隆明全対談集
著作者等 吉本 隆明
書名ヨミ ヨシモトタカアキゼンタイダンシユウ : 4(1975)
巻冊次 4(1975)
出版元 青土社
刊行年月 1988.3.19
ページ数 416p
大きさ 19cm(B6)
NCID BN02257003
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想