吾輩は猫である  下

夏目 漱石【作】;小沢 良吉【画】

苦沙味先生の家のいそうろう猫は、名前もつけてもらえない。性格がだんだん人間に近づいて、無精でわがままになった。主人があいかわらず貧乏性なのに同情しながら、将来の世の中が不安になる。上巻に引き続き、猫の目を通して、人間のたてまえと本音、そして近代化が進む社会の矛盾を、きびしく、ゆかいに描く漱石文学の傑作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 吾輩は猫である
著作者等 夏目 漱石
小沢 良吉
書名ヨミ ワガハイハネコデアル : ゲ
シリーズ名 フォア文庫 C079
巻冊次
出版元 金の星社
刊行年月 1988.3
ページ数 363p
大きさ 18cm
ISBN 4323010605
NCID BA69231773
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想