国際化・情報化時代の食品産業 : 食料白書  昭和62年版

食料・農業政策研究センター【編】

[目次]

  • 1 変わる食生活-現状と展望(「食生活」の意味
  • 栄養素の摂取と食生活)
  • 2 食品産業の構造(食品産業の環境
  • 食料品卸小売業の構造
  • 外食産業の構造)
  • 3 スーパーと食料品製造業(スーパー登場の意味
  • チャネルリーダーの争い)
  • 4 情報化と食品産業(情報化戦略の構図
  • 企業間情報ネットワーク化の進展)
  • 5 食品産業と技術(食生活の動向-個別化、健康・安全性指向、高齢化社会
  • 食品加工工程における技術の近代化)
  • 6 食品産業と海外直接投資
  • 7 主要国の食品産業(各国食品産業の一般的比較-特徴と共通する課題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国際化・情報化時代の食品産業 : 食料白書
著作者等 食料・農業政策研究センター
書名ヨミ コクサイカジヨウホウカジダイノシヨクヒンサンギヨウ : シヨクリヨウハクシヨ : 62
巻冊次 昭和62年版
出版元 農山漁村文化協会
食料・農業政策研究センター
刊行年月 1988.2.25
ページ数 233p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4915631028
NCID BN02082577
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想