新しいドライバー教育の方法と実践 : 安全運転の心理学  2

日本交通心理学会【編】

[目次]

  • 第1章 安全意識・態度をどのように養成するか(ドライバーの意識・態度をどのように変えるか
  • 危険感受性テストを活用したドライバー教育のすすめ方
  • 事故反復者に対するカウンセリングのすすめ方)
  • 第2章 効果的な安全運転教育の実践(距離感を自分のものにして走ろう
  • 注意力向上をめざした横断歩道通過訓練のすすめ方)
  • 第3章 生涯教育としての交通安全教育-今後のあり方をさぐる(生涯教育としての交通安全教育とはどんなものか
  • 小学校児童に対する体験的教育の試み
  • 青少年の交通安全教育をめぐる問題点と今後のあり方
  • 交通モラルの推移とモラル向上への提言
  • 高齢者に対する交通安全教育のすすめ方)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新しいドライバー教育の方法と実践 : 安全運転の心理学
著作者等 日本交通心理学会
書名ヨミ アタラシイドライバ-キヨウイクノホウホウトジツセン : アンゼンウンテンノシンリガク : 2
シリーズ名 TS選書
巻冊次 2
出版元 企業開発センター交通問題研究室
清文社
刊行年月 1988.3.18
ページ数 316p
大きさ 18cm
ISBN 4792066883
NCID BN02302662
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想