教育哲学

ホルン 著 ; 佐藤藤太 訳

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 總論-敎育の範圍
  • 第一節 文明の諸動力 / 1
  • 第二節 成長の標語 / 5
  • 第三節 敎育の廣狹兩意義 / 7
  • 第四節 敎育研究の諸見地 / 9
  • 第五節 此研究の範圍 / 16
  • 第六節 範圍の區劃 / 18
  • 第二章 敎育の生物學的方面
  • 第一節 生物學上の事實にして敎育に必要なるもの / 24
  • 第二節 哺郛動物に於ける大腦容積の增大 / 26
  • 第三節 人類の幼年期の延長 / 40
  • 第四節 精神の機關たる腦髓 / 45
  • 第五節 自動裝置は敎育の目的なりや / 63
  • 第六節 敎育の第壹定義 / 68
  • 第七節 生物學的見地の敎育上に及ぼす結果 / 70
  • 第三章 敎育の生理學的方面
  • 第一節 敎育中に於ける身體の地位 / 76
  • 第二節 體育に關する諸疑問 / 78
  • 第三節 身體の精神に及ぼす影響 / 79
  • 第四節 身體の應に受くべき注意 / 89
  • 第五節 身體の現に受けつつある注意 / 96
  • 第六節 體育の歷史 / 120
  • 第七節 敎育の第貳定義 / 124
  • 第四章 敎育の社會學的方面(上)
  • 第一節 生徒の境遇の性質 / 129
  • 第二節 生徒の其境遇に願應する方法 / 132
  • 第三節 敎育と社會學 / 133
  • 第四節 敎育の社會學的議論上の諸疑問 / 134
  • 第五節 精神的境遇の諸要素 / 135
  • 第六節 知的境遇の性質 / 139
  • 第七節 情的境遇の性質 / 158
  • 第八節 執意的境遇の性質 / 175
  • 第五章 敎育の社會學的方面(下)
  • 第八節 執意的境遇の性質(續き) / 185
  • 第九節 種族經驗の參與たる敎育 / 194
  • 第十節 敎育の第三定義 / 201
  • 第十一節 敎育の社會上に及ぼす効果 / 202
  • 第十二節 社會學的見地より來る敎育上の結果 / 219
  • 第六章 敎育の心理學的方面(上)
  • 第一節 敎育の心理學的考究 / 227
  • 第二節 心理學的議論の諸疑問 / 228
  • 第三節 自動の槪念 / 229
  • 第四節 理論的心理學の不完全 / 232
  • 第五節 新心理學の敎育上に於ける務 / 233
  • 第六節 精神發展の自法 / 234
  • 第七節 精神發展の附加的三法 / 235
  • 第七章 敎育の心理學的方面(下) / 280
  • 第八節 自己發展の槪念 / 280
  • 第九節 敎育に似て非なるもの / 297
  • 第十節 精神發逹の諸階段の敎育中に於ける用法 / 300
  • 第十一節 敎育ある精神の資質 / 305
  • 第十二節 敎育の心理學的理想 / 325
  • 第十三節 修養的性質 / 329
  • 第十四節 修養的敎育 / 332
  • 第十五節 敎育の第四定義 / 340
  • 第十六節 敎育の其他の定義 / 341
  • 第八章 敎育の哲學的方面
  • 第一節 哲學の研究法 / 349
  • 第二節 敎育哲學の問題 / 351
  • 第三節 二個の豫備的槪括 / 352
  • 第四節 敎育の諸含意 / 357
  • 第五節 敎育の第五定義 / 389

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 教育哲学
著作者等 Horne, Herman Harrell
佐藤 藤太
谷本 富
ホルン
書名ヨミ キョウイク テツガク
出版元 新教育社
刊行年月 大正14
版表示 再版
ページ数 392p
大きさ 19cm
NCID BN09562184
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
43044575
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想