化人幻戯

江戸川 乱歩【著】

25歳の独身青年庄司武彦は、もと侯爵大河原義明の秘書役をつとめることになった。大河原家の若い夫人由美子は、もと大名華族のお姫様であり、その美貌に武彦はひかれた。大河原家に出入りするふたりの青年、姫田吾郎と村越均の間には険悪な空気が流れていた。熱海魚見崎にある別荘にでかけた大河原夫妻と武彦は、切り立った断崖から海面へ転落していった姫田の姿を双眼鏡で見た。姫田ははたして殺されたのであろうか。浴室の中で妖しくゆらめく由美子の桃色のからだ!美女をめぐる怪事件のナゾとは?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 化人幻戯
著作者等 江戸川 乱歩
書名ヨミ カジンゲンギ
シリーズ名 江戸川乱歩文庫
出版元 春陽堂書店
刊行年月 1988.3.10
版表示 〔新装版〕
ページ数 221p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4394301289
NCID BN14543892
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想