ギフチョウはなぜ生きた化石といわれるか

いぬい みのる【著】

氷河期を生きぬいたたくましい生命力の秘密をさぐる。ギフチョウの不思議な世界観察記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ギフチョウはどこで発見されたのか
  • 真珠のような卵はいつ産まれるの?
  • 幼虫はなぜ集団をつくるのか?
  • カンアオイってどんな植物?
  • 脱皮は何回するの?
  • かよわい武器で大丈夫?
  • 蛹はどこで冬を越すの?
  • 翅はなにからできるの?
  • ギフチョウはどこに棲んでるの?
  • 吸収管がくの字に曲がっているわけは?
  • 目がたくさんあるのに近視なの?
  • だんだら模様はどんな柄?
  • ギフチョウの結婚式ってどんなの?
  • 美しい自然を守るために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ギフチョウはなぜ生きた化石といわれるか
著作者等 乾 実
いぬい みのる
書名ヨミ ギフチヨウハナゼイキタカセキトイワレルカ
出版元 エフエー出版
刊行年月 1988.3.21
ページ数 122p
大きさ 20×15cm
ISBN 4900435570
NCID BA71885502
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想