残糸の曲  下

陳 舜臣【著】

中国人実業家を父に、日本人芸妓を母にもつ修平は、父の急死後、20歳で跡を継いだ。辛抱強く実業をもり返した修平だが、心は晴れない。養母から、父は実は日本人だと聞かされたのだ。苦悩を振りはらうかのように、修平は昭和12年春、再び上海に渡った。日中間の緊張が急速に高まる中、自らの血の証しのため、修平は抗日地下運動に身を投じていった。引裂かれた出自に魂の救済をもとめる雄渾な長篇小説。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 残糸の曲
著作者等 陳 舜臣
書名ヨミ ザンシノキヨク : ゲ
シリーズ名 徳間文庫
巻冊次
出版元 徳間書店
刊行年月 1988.3.15
ページ数 345p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4195684722
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想