寛永独妙剣  下

富田 常雄【著】

無法者を懲らす剣客浜竜四郎は大八郎のもう一つの顔だった。一方、徳川幕府転覆を企む流兵馬一味は浜竜四郎の名を騙り、辻斬りを働いて江戸市中を震え上らせた。兵馬の妹越路太夫を白柄組の毒牙から救い一心太助に匿わせたことで大八郎は許婚伊佐緒の父から絶縁、父彦左衛門からも勘当されてしまった。同じく家を出た伊佐緒と共に太助の世話を受け、大八郎は兵馬一味を追った。長篇時代小説。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 寛永独妙剣
著作者等 富田 常雄
書名ヨミ カンエイドクミヨウケン : ゲ
シリーズ名 徳間文庫
巻冊次
出版元 徳間書店
刊行年月 1988.3.15
ページ数 442p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4195984793
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想