吉本隆明全対談集  3(1974)

吉本 隆明【著】

国家、家、個人。それらの関係の根源に横たわる、<性>生活者と表現者のはざまで、<日常>の背後にひそむ、幻想を解読。タブーを解体する対話。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 詩は行動する(大岡昇平)
  • 現代社会における創造(大岡昇平)
  • ロールシャッハ・テスト(馬場礼子)
  • わが思索のあと(小潟昭夫)
  • 帰りがけの威力(富岡多恵子)
  • オカルトの底部にあるもの(藤沢敏雄)
  • 小林秀雄の現在(清岡卓行)
  • 意志と自然-思想のオリジン(鮎川信夫)
  • 宗教と幻想(小川国夫)
  • 性の幻想(大庭みな子)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 吉本隆明全対談集
著作者等 吉本 隆明
書名ヨミ ヨシモトタカアキゼンタイダンシユウ : 3(1974)
巻冊次 3(1974)
出版元 青土社
刊行年月 1988.2.18
ページ数 401p
大きさ 19cm(B6)
NCID BN02257003
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想