化城の昭和史 : 二・二六事件への道と日蓮主義者  下

寺内 大吉【著】

昭和8年7月に蒲田日蓮会の一行は「死のう」と叫びながら行進、全員検挙された。警察はこの「死のう」団員に拷問を加えた。彼らは警官を告訴、徹底抗争した。昭和11年2.26事件が暴発した。首魁の日蓮主義者北一輝、西田税は反乱将校と共に処刑された。新聞記者としてこの不気味な宗教思想を追及してきた改作は日米開戦の直前にスパイ容疑で逮捕、投獄される。彼は良寛の「法華転」を読み、日蓮や法華経の研究に打ち込むが、昭和19年死刑に。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 化城の昭和史 : 二・二六事件への道と日蓮主義者
著作者等 寺内 大吉
書名ヨミ ケジヨウノシヨウワシ : 226ジケンヘノミチトニチレンシユギシヤ : ゲ
巻冊次
出版元 毎日新聞社
刊行年月 1988.2.25
ページ数 303p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4620103497
NCID BN02308603
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想