幽鬼の塔;恐怖王

江戸川 乱歩【著】

スリルとサスペンス!ミステリ界に燦然と輝く巨星・江戸川乱歩不朽の名作2編収録!28歳の青年しろうと探偵の河津三郎がまきこまれた奇々怪々な事件!ボストンバッグをだいじそうに抱く挙動不審の男と会った河津三郎は、男のあとを簡易旅館まで尾行した。その男の名は宿帳には名古屋の亀井正信とあった。ナゾを含むボストンバッグを巧みにすり代えた河津がその中に見たものは!血染めの衣、なわの束、木の滑車という3品であった。バッグを失ったと知った男は、上野公園内の五重の塔頂上で縊死をとげた!名古屋まで調査にでかけて河津三郎は、帰途、鉄橋の上で怪紳士から増水の安倍川へつき落とされた!青年探偵は事件の真相を懸命に追う!「幽鬼の塔」が秘めたミステリとはなんであったか?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幽鬼の塔;恐怖王
著作者等 江戸川 乱歩
書名ヨミ ユウキノトウ@キヨウフオウ
シリーズ名 江戸川乱歩文庫
出版元 春陽堂書店
刊行年月 1988.2.10
版表示 〔新装版〕
ページ数 283p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4394301270
NCID BN14543848
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想