維新太平記 : 小栗上野介の栄光と挫折  下

清水 惣七【著】

万延元年(1860)、アメリカの軍艦ポーハタン号で通商条約批准交換のため渡米した小栗忠順は、アメリカの新聞で「日本人中最も尊敬すべき人物」と評された。のち外国奉行・勘定奉行として内憂外患の難局に手腕を揮うが、彼の力倆・人望を恐れた薩長により処刑される。本書は英傑小栗忠順を軸として幕末維新の激動時代を描く壮大にして細密な大河小説である。下巻は会津落城まで。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 維新太平記 : 小栗上野介の栄光と挫折
著作者等 清水 惣七
書名ヨミ イシンタイヘイキ : オグリコウズケノスケノエイコウトザセツ : ゲ
巻冊次
出版元 新人物往来社
刊行年月 1988.2.10
ページ数 353p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4404014945
NCID BN10729163
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想