チェルノブイリの少年たち

広瀬 隆【著】

プリピアーチの住民、13万人はどこへ消えたのか。死の灰はやがて1万メートルのジェット気流にまで到達した。避難民はその傘の下を逃げまどった。吐き気に襲われ、髪の毛が脱け、内臓が出血し、紫色の斑点が全身に浮き出した。時が歩みを刻むごとに、チェルノブイリ原発事故の地球や人体におよぼす影響は、目に見えてくるにちがいない。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 チェルノブイリの少年たち
著作者等 広瀬 隆
書名ヨミ チエルノブイリノシヨウネンタチ
出版元 太郎次郎社
刊行年月 1988.2.10
ページ数 206p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想