消えた爆走音

大谷 羊太郎【著】

深夜、新進ファッション・デザイナー浅路広子が絞殺された。時同じくして、オートバイの爆音が現場付近の静寂を破って走り抜け、ある地点を境にプッツリ跡絶えていた。音を頼りの追跡が滞る中、特別捜査本部は、広子の親友で女優の海原佐和子から、広子が轢き逃げ事故を起こして何者かに脅迫されていたことを突きとめた。だが、証人で鋭敏な聴覚をもつ浪人生・小山好郎の"発見"によって、事件は予想外の結末を…!

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 消えた爆走音
著作者等 大谷 羊太郎
書名ヨミ キエタバクソウオン
シリーズ名 広済堂文庫
出版元 廣済堂出版
刊行年月 1988.2.10
ページ数 293p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4331601293
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想