都からのみち

上田 正昭【編】

日本文化はまた、水の文化でもあった。都の繁栄を支えた地方の資源は、海の道からも運ばれた。陸路を補完する水運の道を調査する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 海上への道(古道と海路と
  • 東国への海つ路
  • 大和から伊勢湾への路)
  • 第2部 舟運のみち(古代畿内の水運と港津)
  • 第3部 都と結ぶみち(平安時代初期の山陽道
  • 平安京から伊勢神宮への古代の道
  • 京都盆地東縁の南北古道)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 都からのみち
著作者等 上田 正昭
書名ヨミ ミヤコカラノミチ
シリーズ名 探訪 古代の道 第2巻
出版元 法蔵館
刊行年月 1988.1.15
ページ数 254p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4831864528
NCID BN01928930
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想